Excelマクロでラクラクお勉強

Excelマクロで楽して楽しく勉強してラクラク成績アップ

セルに文字を書いてみよう

1. セルに文字を書いてみよう

きゅう先生

「セルに文字を書いてみましょう。」

すぐるくん

「セルってなんですか。」

きゅう先生

「セルとは、エクセルでデータの入力に使うマス目のことです。」

すぐるくん

「エクセルってなんですか。」

きゅう先生

「エクセルとは、表を作ったり自動で計算をしてくれるソフトです。

 まずは、パソコンでエクセルを開いてみましょう。」

f:id:qsuguru:20171030225257j:plain

きゅう先生

「これがエクセルです。このエクセルの中でたてよこの線で区分けされたマス目の一つ一つがセルです。

 ではさっそく、セルに文字を書いてみましょう。試しに、キーボードの『1』を押してみてください。」

f:id:qsuguru:20171030225532j:plain

すぐるくん

「セルに『1』という文字が入りました。」

きゅう先生

「次は、セルのB1に『2』という文字を入れてみましょう。」

すぐるくん

「セルのB1てどこのことですか。」

きゅう先生

「一つ一つのセルは、表の中でたてのラインを表すとよこのラインを表すの位置で示すことができます。

 エクセルでは、列をアルファベット文字、行を数字で表しています。

 セルのB1とはB列で1行目のセルということになります。」

すぐるくん

「わかりました。それではセルのB1に『2』という文字を入れてみます。

 セルのB1にマウスでカーソルをあわせてクリックして、キーボードの『2』をクリック。」

f:id:qsuguru:20171030225958j:plain

すぐるくん

「セルB1に『2』という文字が入りました。」

きゅう先生

「次は、セルのC1に計算式を入れてみましょう。

 セルのC1にマウスでカーソルをあわせてクリックした後、数式バーにカーソルをあわせ、キーボードで『=A1+B1』と打ちこみます。そして『Enter』キーを打ってください。」

f:id:qsuguru:20171030230318j:plain

f:id:qsuguru:20171030230837j:plain

すぐるくん

「セルC1に『3』という文字が入りました。」

きゅう先生

「これは、セルA1の『1』+ セルB1の『2』が計算されて、その結果の『3』という数字がセルC1に表示されたということです。

 このようにエクセルではセルとセルを組み合わせた計算式をつくったり、その計算結果を表示させたりすることができます。」

きゅう先生

「セルA1、セルB1、セルC1を空白にしましょう。セルA1、セルB1、セルC1にマウスでカーソルをあわせてクリックした後、キーボードで『Delete』キーを打ってください。」

f:id:qsuguru:20171030231301j:plain

すぐるくん

「セルA1、セルB1、セルC1が空白になりました。」

 

 

 

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村