Excelマクロでラクラクお勉強

Excelマクロで楽して楽しく勉強してラクラク成績アップ

セルの位置を行番号と列番号で指定してみよう

6. セルの位置を行番号と列番号で指定してみよう

きゅう先生

「セルの位置を行番号と列番号で指定してみましょう。

 新しいマクロをつくって、マクロ名を『行番号と列番号指定』とし、

 2行目に、サンプルコードとして『Cells(1, 1).Value = "1行1列"』と打ってみましょう。」

f:id:qsuguru:20171112054837j:plain

すぐるくん

「『Cells(1, 1).Value = "1行1列"』と入力しました。」

きゅう先生

「それでは、いったん全てのセルの値をクリアしてから、マクロ『行番号と列番号指定』を実行してみましょう。」

f:id:qsuguru:20171112054937j:plain

すぐるくん

「セルA1に、『1行1列』が、書きこまれました。」

きゅう先生

「プロシージャの2行目のコード『Cells(1, 1).Value = "1行1列"』について説明します。」

f:id:qsuguru:20171112055050j:plain

きゅう先生

「『Cells』は、特定のセルを指定するときに使うオブジェクトです。『Range』とよく似ていますが、引数が異なります。『Range』が、1つのセルを文字列で指定するのに対し、『Cells』は、1つのセルを行番号と列番号の数字で指定します。ここでは、1行目で1列目のセル、つまりセル『A1』というオブジェクトを示しています。

 マクロ『行番号と列番号指定』を少し書きかえてみましょう。

 セルの位置を2行目で3列目にして、そのセルに設定する値を『2行3列』としましょう。」

すぐるくん

「セルの位置を2行目で3列目にするということは、『Cells』の引数を書き換えるということで、引数の一つ目が行番号、二つ目が列番号だから、『(2, 3)』でいいのかな。」

f:id:qsuguru:20171112055345j:plain

すぐるくん

「『Cells(2, 3).Value = "2行3列"』にしました。」

きゅう先生

「よくできました。それでは、マクロ『行番号と列番号指定』を実行してみましょう。」

f:id:qsuguru:20171112055512j:plain

すぐるくん

「2行目で3列目、つまりセルC2に、『2行3列』が、書きこまれました。」

 

 

 

 

 

にほん

ブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村